読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつものユンボ

僕は考える

けものフレンズ 絶対にそうはならない想像と考察

映画・アニメ・ドラマなど感想全般

観てます。フレンズ。

 

記憶喪失の人間らしき「かばんちゃん」が、

自らの種族を探すため、サーバルのフレンズ(人間と動物の合成?)と

ジャパリパークをどったんばったん大騒ぎする話。

 

登場人物は、人間らしきかばんちゃん、

女の子と動物が組み合わさったフレンズという生き物、

ジャパリパークのインストラクター役であるロボット、

そしてセルリアンという敵の四つだ。

 

ジャパリパークはサバンナや沙漠、ジャングルなど、

様々な動物たちの生息域が近隣に存在する人工施設だ。

この施設、長らく放置されているという描写が所々にある。

 

だが果たしてそうだろうか。

 

私はこのジャパリパーク、運行前のテストランをしているように見えた。

 

第二話でジャングルルートを通る際、

リボルバーオセロットタスマニアデビルなどと出会った後で、

ロボットがジャングル地方の説明をしながらの橋を歩いている時、

ロボットは橋の隙間をジャンプして回避した。

ところがその直後、

案内役のロボット、そしてサーバルがツタに絡まって動けなくなる。

これをかばんちゃんが助けて「かばんちゃん器用だね」と褒められる。

なぜ橋を回避出来てツタは避けられないのか。

 

ここでアトラクションの本質はなんだろうと考えてみると、

「本当にやると難しいこと」を「難易度を下げて楽しむ」ではないかと思う。

釣り堀でやる魚釣りみたいなものだ。

プロの歌手にはなれないが、カラオケは楽しめる。

プロのピッチャーにはなれないが、ストラックアウトは楽しめる。そんな感じ。

 

ジャパリパークのアトラクションは、

人間が持っている能力を簡単に発揮させることだと思う。

人間の回復力の速さ、手先の器用さ、創作力、思考力、料理、

そういったものを「簡単に楽しむ」ことが出来る一大テーマパーク。

それがジャパリパークではないだろうか。

 

だからこそロボット、そしてサーバルは「予定通り」ツタに絡まった。

サーバルも役者なのだ。アトラクション全体の説明をしながら、

逐一プレイヤーのことを褒めてくれる真のインストラクターである。

 

アトラクションの目的が人間の動物としての能力を簡単に楽しむことであるとすれば、

かばんちゃんが遭遇する旅の困難、ジャパリパークが時間経過によって風化したことで

生まれたと思わせている諸問題は、

それ自体が一つのアトラクションなのではないかと推察出来る。

 

そう考えれば、特に大きな困難もなくかばんちゃんが無双していく様が理解出来るし、

忘れ去られた土地ではないとするなら、

ロボットが動き続けていてバスだけが電池切れという疑問にも納得出来る。

 

ここは「文明崩壊後風テーマパーク」なのだ。

 

とすれば、かばんちゃんはそのテストラン用に生み出された人間フレンズだろう。

これから呼び込む客に対して、

用意したフレンズたちが想定通りに稼働するかを調べているのである。

 

セルリアンたちもアトラクションの一部、

ツチノコの真理探究もアトラクションの一部。

 

かばんちゃんが「すごーい」と言われたことは、

手を加えて元に戻せば、また別のお客にも体験させることが出来る。

 

そして最後に自身がテスターであったと知ったかばんちゃんは、

人間フレンズとして第三のインストラクターになり、

お客がどうしていいか分からなくなった時のヒント役として働くことになるのだ。

なぜなら彼女はこのアトラクション、第一の踏破者なのだから。

 

なんてね! たーのしー!

kemono-friends.jp

 

 

龍の歯医者 ネタバレと感想

映画・アニメ・ドラマなど感想全般

アニメーター見本市の第一回でやっていた「龍の歯医者

 

あらすじは以下の通り

 

彼の国には龍が棲んでいる──
神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという…

舞台は “龍の国”。
主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。

隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。
少年の名はベル。
大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。

自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。
激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…

 

NHKアニメワールド 龍の歯医者より引用)

 

あらすじにある通り主人公は新米歯医者の野ノ子だ。

ところが本編を観ると中々そう感じられない。

野ノ子の出番が少なすぎるからだ。

ハイファンタジーの複雑な設定を解説するために、

主人公の野ノ子が少年ベルに新人教育をしつつ、

様々なキャラクターを介して行っている。

その方法自体は良いと思ったが、

主人公が野ノ子だと銘打っているのに、

野ノ子かベルどっちが主役か迷ったような描き方になっている。

 

野ノ子が主人公なら、

彼女が新人教育をしなければならない理由にもっと切り込んだほうがいい。

単純にベルに一目惚れしたでも良いし、

とにかく彼女の新人教育に主体的理由があった方が良いと思った。

また、ベルが龍の歯から出てきて捕虜として一人で台所をうろつくシーンも、

あれはベルが主人公である場合の描き方だと思う。

その後のベルが自ら生い立ちを喋って、シバナ姉さんにぼろカスに言われるところも、

主人公がベルであるかのような錯覚を抱いた。

 

ベルが主人公のボーイミーツガールの方が分かり良かったんじゃなかろうか。

 

この一話でシュウゾウさんが死ぬときも、

その死に対して怒りを表すのはベルな訳だから、

それが来るまでにベルがシュウゾウさんとの友好を描いとかないと、

「ああ、死にましたなあ」っていう感覚しか生まれない。

惜しいと思えない人の死を描くのはいかんと思います。

 

主人公誰なんだ感は、この一話の終りにある、内部の敵を暴く所も、

主人公じゃなくゴドウが一人で気付いて一人で追い詰めるから、

勝手に話が動いてるなあと感じた。

 

いかんせん絵が良かったり声優がしっかりしてるし、

曲も外してないもんだから不快感はないけれど、やはり組み立ては疑問。

 

あと生活をモンタージュにしてダイジェストにするのはどうかと思う。

これはたぶん個人的な好みだけど、

ダイジェストは「いまからこれを頑張る」っていう時に、

「これだけの失敗があった」てのは良いけど、

想像にお任せする部分の点として絵を置くのは嫌だなあ。

言の葉の庭の時も同じで、「はい仲良くなりました」は実感が出来ない。

修業シーンだけをダイジェストして「苦労したんだなあ」は端折ってくれても分かる。

でも「仲良くなりました」はディティールが重要じゃありませんか。

そこ飛ばしてどうするんですか。

よく「演出は出来るだけ遅く来て、早く帰れ」って言いますけど、

大事なところに遅れちゃ、何にもならないじゃないですか。

 

あと歯医者の分業性についても少し考えた。

歯医者全員が虫歯菌と戦って、歯の掃除もするってのはどうだろう。

戦闘員は掃除してるより訓練してる方がいいんじゃないだろうか。

けど歯医者は自分の死ぬ瞬間のイメージを知ってて、

確定した未来に進んでいってる訳だから、

それは改善する現在も無いってことで、ありのまましかないって感じなのか。

でも運命に抗おうとする人は歯に吸収されるってことを考えると、

本当は覆すことが出来るけどそれをされたら龍が困るから龍の意志でもって死生観を植え付けてるのかも。じゃなきゃあの人が自分から虫歯になるなんて出来ないし。

そうしたら最後に戦うのは龍ですかね。

その方が虫歯と戦うよりスペクタクルになって良いですね。

 

ともかくは龍っていう兵器を中心にした少女と少年の話かと思えるので、

第一話の最後で地上に落ちた少女と少年があちこち周りながら、

龍ってのは実際どういう兵器で、(死んだ人間の魂を利用してる?)

龍を倒さなあかんでしょうって感じになっていくかも。

 

野ノ子が死ぬ時のイメージで

「でも私なんでか分からないけど、分かってる気がする。私が何をするべきか」

と言ってますから、

自ら死ぬことで魂になって龍の歯に飛び込んで龍と戦うって感じですか。

その時のイメージで野ノ子の近くに小さい龍が居て、

上空では蛇腹がうねうねしてるから、

今の龍が小さい龍を量産して世界を滅ぼそうとしてるって感じかも。

主人公側とベル側の両陣営が龍っていう兵器を奪い合っているところで、

暴走したって感じかも分かりませんが。

 

感想っていうか予測だなこれは!

感想のまとめは前半で書いたように、主人公ハッキリしてよ! です!

五億点!(適当)

 

 

追記

ようよう確認したら1クールじゃなくて前後編で90分なんですね。

残り45分しかないのに、どう纏めるんだ。

どうにか二人が龍まで戻って、虫歯になった仲間を倒して、

「歯医者として頑張ります!」みたいな感じで切るんだろうか。

それは腰砕けな気がする。ウーム。ブーム。

ソニックフブーッン!!(適当)

 

後編 龍の歯医者 殺戮虫編 感想 ネタバレあり