読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつものユンボ

僕は考える

ストレングスファインダーをプレゼントした

ストレングスファインダー

友人に紹介されたストレングスリーダーシップという本がある。

 

リーダーシップを持つための本だが、理想的リーダー像を立てているのではなく、自己分析をして自分の強みを活かしてリーダーになるという主旨のものだ。

多種多様の自己分析が巷に溢れているが、この本ほど正鵠を射たと感じたものは無い。

人間には34種の傾向があり、当本の付録の分析ではその内強く表れている傾向を五つ分析してくれる。

34の強みは四つのジャンルに分れている。

実行力、影響力、人間関係構築力、戦略的思考力の四つだ。

詳細は以下の通り。

 

実行力

 アレンジ、回復志向、規律性、公平性、

 慎重さ、信念、責任感、達成欲、目標志向

影響力 

 活発性、競争性、コミュニケーション、最上志向、

 自我、自己確信、社交性、指令性

人間関係構築力

 運命思考、共感性、個別化、親密性、成長促進、調和性、適応性、包含、ポジティブ

戦略的思考力

 学習欲、原点思考、収集心、戦略性、着想、内省、分析思考、未来志向

 

各項目の詳細が知りたい方は以下

ストレングスファインダーまとめサイト | SFの使い方や34の強みを詳しく説明!

を参照されると良い。

 

私は傾向の強い順から、

戦略性(戦)、慎重さ(実)、未来志向(戦)、着想(戦)、内省(戦)の五つを持っている。

これが私をよーく表している。

そしてこれらの強みを活かすというのは、どんなことに対しても意識するというよりは、自身の強みが活かせる環境は何か、を意識して目的地を作ることだろうと思った。

 

また、このストレングスは他者に自分を更に理解して貰う助けにもなるだろうと考え、私は友人たちに同書をプレゼントした。

初めに紹介してくれた友人と私を含め、

よく遊ぶ四人の結果が集まり以下のようになった。

 

私   戦略性(思)、慎重さ(実)、未来志向(思)、着想(思)、内省(思)

友人A 親密性(人)、最上志向(影)、着想(思)、共感性(人)、戦略性(思)

友人B 内省(思)、共感性(人)、成長促進(人)、適応性(人)、ポジティブ(人)

友人C 調和性(人)、適応性(人)、ポジティブ(人)、最上志向(影)、原点思考(思)

 

同じストレングスの文字を着色した。

類が友を呼ぶ。この言葉を強く実感する結果である。

そしてこの集団の実行力の少なさ(1)、影響力の弱さ(2)、

人間関係構築力の高さ(9)、思考力の高さ(8)は、

まさしくこの集団だという実感がある。

影響力と実行力は外向性であり、関係構築力と思考力は内向性だ。

 

友人三人は初対面の相手に対して友好的だが、外交的とは言えない。

(そういう意味では二面性を持っている)

  追記:私は友好的ですらない! ガハハ!

 

常々この四人で何かしてみたいと思いがあったが、

こうしてみると実行するのは私の役目のようだ。

 

内向的な思考力と、人間関係構築力。

……このブログも統合して、四人でブログでもしようかしら。