読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつものユンボ

僕は考える

実戦ストレングスファインダー ケース友人C

ケース友人Aの記事引用

 

自分を知ることがあらゆる始まりだと思う昨今だが、

実戦に至らなければ宝の持ち腐れである。

前回で四人に実行力を持っているのが私だけではないかという結果を踏まえて、

友人達のストレングスを強化する課題を勝手に考えたいと思う。

前述したように実戦に至らねば宝の持ち腐れである。

友人の宝を腐らせる訳にはいくまい。

ストレングスファインダーを友人BCに勧めた責任もある。

では本題だ。

 

ケース友人C(調和性、適応性、ポジティブ、最上思考、原点思考)

 

※以下のストレングスごとのアドバイスの文章は

ストレングスファインダーまとめサイト | SFの使い方や34の強みを詳しく説明!

よりの引用である。

 

※一度に大きな変化をもたらすのは逆に危険です。一度に多くの行動を実践するより、あなたが最も「やりたい!」と感じる行動を1つずつ長い時間をかけて実践し、習慣化するのが良いでしょう。

 

調和性

  1. あなたの【調和性】の強みを活用し、さまざまな視点を持つ人たちの人的ネットワークを構築しましょう。そして、専門性が必要になった場合は、そのネットワークに所属する人々に依頼しましょう。さまざまな考え方に心を開くことで、多くを学ぶことができます。
  2. 2人の人が議論している場面に遭遇したら、その議論をグループ全体に広げるよう働きかけてみましょう。あなたが持つ「人をまとめる力」を、グループ全員が合意できる結論を見つけるために活用しましょう。
  3. 毎日のように人と衝突することになる仕事は避けましょう。たとえば「売り込み主体のセールス」「競争の激しい職場」などでの仕事は、あなたを消耗させてしまう可能性が高いでしょう。
  4. 衝突することなく対立を解消する仲裁のテクニックを磨きましょう。このようなテクニックを持たない場合、あなたは「衝突を解消したいという衝動」と「衝突を未解決のままにして逃げてしまいたいという衝動」の板ばさみになり、フラストレーションを溜めてしまうかもしれません。
  5. 指令性】や【活発性】の強みを持つ人とパートナーになりましょう。あなたが衝突を解決しようとどんなに努力してもうまくいかなかったときに、これらの強みを持つ人が問題に真正面から立ち向かうサポートをしてくれます。
  6. 人々が自分の意見を確実に聞いてもらえたと感じることができる、交流の場やフォーラムを立ち上げましょう。そうすることで、周囲の人がグループのプロジェクトや活動により積極的に参加できるようになります。
  7. 人の意見に耳を傾けることの価値を簡潔かつ効率的に伝える方法について学び、周囲に共有しましょう。
  8. 人の話に耳を傾けるだけでなく、時には「効率性」も意識した行動がとれるよう心がけましょう。たとえば、議論の場において話が脱線して全員の時間が無駄になってしまいそうな状況を察知した場合は、ためらうことなく話をさえぎって、より現実的なテーマを戻すようリーダーシップを発揮しましょう。決して「人の話を黙って聞いているだけの人」になってはいけません。
  9. 議論の場においては、物事の現実的な面や本質を見るようにし、 他の人もそれが見えるようサポートしましょう。それが「全体合意」への出発点になります。
  10. あなたがいる分野の高い専門知識を持つ人に会ったときは、その人からコンサルティングを受けて次の行動へつなげるように心がけましょう。【調和性】の強みを持つ人には「より優れた人がいる場合、簡単に自ら身を引いてしまう」という生来の傾向が見られることが多いですが、そのような人の存在を自身のステップアップに活かすことでより大きな「調和」が生まれることを忘れないでください。

適応性

  1. 他の人が混乱してしまうような場合でも冷静に対応し、周囲を安心させる人という評価を得られるように努めましょう。
  2. きっちりとスケジュールが組まれている仕事や、結果が予測できるような仕事は避けましょう。このような仕事はあなたにとってストレスとなり、自分が無力で抑圧された存在だと感じるようになってしまう可能性があります。
  3. 友人や同僚、クライアントがプレッシャーを感じてためらっている状況にあるときは、状況の主導権を握る方法を見つけるサポートをしましょう。【適応性】の強みを持つ人は即座に状況を把握し、落ち着いて理知的にすばやく状況に対応する特長を持っています。
  4. 周囲の人のあまり価値のない「気まぐれ」「欲求」「要望」に対応することで長期的な成功を損なわぬよう注意しましょう。「柔軟に対応するべきケース」と「主張を曲げないケース」とを判断するための個人的なガイドラインを設定すると良いでしょう。
  5. 常に変化する環境への適応力が成功の鍵になるような仕事を探しましょう。たとえば「ジャーナリズム」「テレビの生番組の制作」「救急医療」「カスタマーサービス」などはあなたに適した仕事である可能性が高いでしょう。
  6. 臨機応変に状況に対応するための準備をしましょう。たとえば、「仕事で予定外の出張が入った場合、30分以内に荷造りして出発できるようにする」「予想外に急激なプレッシャーにさらされた場合、そういうときに最初に取るべき3つの行動を用意しておく」などが挙げられます。
  7. 長期的な計画を立てる際は、【目標志向】や【戦略性】、【信念】といった強みを持つ人からアドバイスを受けましょう。これらの強みを持つ人は、あなたの長期目標を共有し、日々の変化にうまく対応するためのサポートをしてくれます。
  8. あなたの【適応性】の強みが持つ「感情的が安定している」「浮き沈みに影響されない」「落ち着いた対応で失敗からもすばやく回復できる」といった特性を理解し、これが「私は気にしないという態度」ではなく、「生産的な柔軟性」であるということを周囲の人に理解してもらうよう努めましょう。
  9. 構造化されすぎている仕事は、楽しむための工夫をしてみましょう。成果物と期限のリストが与えられた場合などは、そのリストにゲーム感覚で取り組むことで、柔軟性を求めるあなたの欲望を満足させてみてください。どんな仕事でも、まず始めに、あなたが創造性を発揮したり、仕事を何らかの方法で楽しんだりできるかどうかを考えてみましょう。
  10. 安心させる態度を積極的に表に出し、それによって不機嫌な友人や同僚を落ち着かせてみましょう。また、その際に使用したアプローチについて考え、同じ状況が発生したときにはもう一度適用するように心がけましょう。

ポジティブ

  1. 教育、営業、起業、または指導などの仕事で、あなたの【ポジティブ】を活かしましょう。あなたは、物事の肯定的な面を強調することが求められる仕事で、高い生産性を発揮します。
  2. 周囲の人がやる気をなくしたり、消極的になったりしているとき、彼らを刺激・激励して再び奮起させるよう助力しましょう。 そうすることで、あなたは次第に「カンフル剤」の役割を期待されるようになります。
  3. 友人や同僚が喜ぶような活動を企画しましょう。 たとえば、小さな目標達成をイベント的にアレンジしたり、定期的に目標達成の祝賀会を開いたり、祝祭日に行事を企画することなどが挙げられます。
  4. あなたの情熱が根拠のないものではないことを説明しましょう。 あなたが「悪い状況が起こり得ること」を把握した上で「良いことに目を向ける」ことに注目していることを示しましょう。
  5. あなたが、人を励ますことによって最大の喜びを得ると感じるならば、 他の人に対する評価を率直に示し、明確な賞賛を与えるよう心がけましょう。 常に、あなたの感情を、具体的で明確かつ個人的な感謝や評価として表現するよう心がけましょう。
  6. あなたの【ポジティブ】を保護し、育むことを心がけましょう。 そのためには、必要に応じて、不平不満や愚痴ばかり言う人と距離を置くことも必要です。
  7. 困難な状況で何でもないふりをするのは止めましょう。 困難な状況を認識した上でもあなたが楽観主義で居られる理由を伝えてください。 あなたのポジティブなアプローチが、現実に根ざしていることを周囲に分かってもらうことで、その輝きは更に増すでしょう。
  8. 周囲の人があなたに日常のフラストレーションを解消する手助けを求めてきたときのために、面白い話やジョーク、ことわざを用意しておきましょう。あなたの長所である「影響力の大きさ」を、周囲に好影響を与えるために活かしましょう。
  9. ネガティブな人たちを避け、あなたと同じようにポジティブなパーソナリティを持った人と意識的に付き合うようにしましょう。 ネガティブな人たちはあなたの意欲を削ぎ、ポジティブな人たちはお互いにエネルギーを与え合えるということを意識しましょう。
  10. 周囲の人たちが物事の良い面を見られるよう手助けをしましょう。 あなたには、人の目を肯定的な面へと向けさせられる能力を備えています。

最上志向

  1. 一度、自身の才能を特定したらそれに焦点を当てて集中しましょう。技術を洗練し、新しい知識を身につけ、練習するなど、狭い範囲の強みに注力しましょう。
  2. 仕事の外でも、自身の最もパワフルな強みを活かす機会を探しましょう。また、そうする中で「自身の強みが自身の人生のミッションの達成にどう関わっているのか」や「それがあなたの家族やコミュニティにどんな利益をもたらすか」を考え続けましょう。
  3. 問題解決に携わると【最上志向】を強みとする人の情熱が消えうることを認識しましょう。また、あなたの問題解決者になってくれる【回復志向】のパートナーを探しましょう。そのような人に対しては、その人の協力が自身の成功に如何に重要であるかを伝えてください。
  4. 様々な成功事例について学びましょう。自身の強みを見つけた人と意識的に一緒に過ごしましょう。強みを成功につなげる方法を体系化すればするほど、あなたの人生の成功が近づきます。
  5. 弱みを克服するよりも強みを伸ばすことに時間をかける理由を周囲の人に伝えましょう。そうすることで、あなたのことを「独りよがり」だと勘違いされることを避けましょう
  6. あなたの【最上志向】の才能を、「悪いところを見つけて直すべきだ」という因習的な知恵で抑制しないよう気をつけましょう。そして、あなたの働く組織やコミュニティの特定の一部分を自己と同一視し、そこに投資しましょう。あなたの才能・能力を、卓越した一部分を鍛え増強するためにのみ費やしましょう。
  7. 長期の関係性や目的に焦点を当て続けましょう。多くの人は低い場所にある果実や短期の成功からキャリアを築きますが、【最上志向】の強みを持つ人は、潜在能力を「真の永続的な偉大さ」に向けた際に最大のパワーを発揮できます。
  8. あなたの弱みは、さして重要なものとして捉える必要が無いことを知りましょう。弱みの克服を目指すのではなく、「パートナーを見つける」「サポートシステムを構築する」「強みで弱みを補う」などの戦略をとりましょう。
  9. 人々の成功をサポートする役割を探しましょう。「強みに着目出来る」という能力がコーチングや管理、メンターや講師の立場において、とりわけ有益に働きます。多くの人にとって、「自分にとって何をするのがベストなのか」を考えたり、「強みに明確な表現を与えること」は難しいことなのです。
  10. 自身や周囲の人たちのパフォーマンスを測定する具体的指標を考えましょう。それらの指標から得られるデータは、あなたや周囲の人たちが「強み」に焦点を当て続けるための助けになります。なぜなら、強みを見つける最善の方法は、「継続して示される優れた能力」を特定することだからです。

原点思考

  1. プロジェクトの計画を始める前に、過去のプロジェクトについて調べるように関係者に勧めましょう。「過去を振り返ることができない者は、過去を繰り返す運命にある」という格言を現実に役立てましょう。
  2. 人を教える仕事についている場合は、ケーススタディを中心にレッスンを組み立てましょう。あなたは「レッスンにふさわしい事例」を探すことを楽しむことができ、また、生徒はそれらの前例から多くを学ぶことができます。あなたが積み重ねてきた知識や経験を、これから未来地図を描こうとしている人たちのために役立てましょう。
  3. 職場では、自分の所属する組織が「伝承」という手段によって文化を深めていくことに貢献しましょう。例えば、過去最大の成功を象徴する事例を集めたり、組織の歴史や伝統を体現する人物にちなんだ賞を表彰することを提案することなどが挙げられます。
  4. 未来志向】や【戦略性】の強みを持つパートナーを探しましょう。彼らの「未来の可能性に対する強い興味」は、あなたが過去に埋没してしまうことを防いでくれる一方で、あなたの【原点思考】に基づく深い理解は、彼らが過去から得た教訓を見落としてしまうことを防ぐため、相補的で強力なパートナーシップを形成できます。
  5. 変化を受け入れましょう。あなたの【原点思考】の強みを活かせば、過去の考え方の中から「切り捨てることのできるもの」と「継続的な未来を築くために必要なもの」を明確に見分けることができます。
  6. 事実に基づいて「過去の成功」と「現状」とを比較して将来の現実的なイメージを描き、周囲に共有しましょう。あなたの【原点思考】から生まれる現実的なイメージを共有することで、組織やグループが現在地や将来に対して強い自信を持つことができます。
  7. 友人や同僚の行動の中から「成功につながっている行動」を見極め、彼らが的確な選択ができるよう支援しましょう。あなたは、物事の本質的な重要性を見極める能力に長ける人です。
  8. 歴史小説、ノンフィクション、伝記などを読み、過去の成功や失敗について多くの事例を学びましょう。それにより、あなたは「現在を理解するために役立つ多くの知恵」を発見し、 より明瞭な考え方ができるようになります。
  9. 歴史的な前例を現在の課題と比較・検討しましょう。共通点や相違点を認識することによって、現在抱えている課題に対する新しい視点や解決策が見つかる場合があります。
  10. 歴史に詳しいメンターを見つけましょう。彼らの言葉に耳を傾けることは、あなたの思考プロセスに大きな刺激を与えてくれるでしょう。

 

以下私見

適応性

  • 長期的な計画を立てる際は、【目標志向】や【戦略性】、【信念】といった強みを持つ人からアドバイスを受けましょう。これらの強みを持つ人は、あなたの長期目標を共有し、日々の変化にうまく対応するためのサポートをしてくれます。

原点思考

  • 未来志向】や【戦略性】の強みを持つパートナーを探しましょう。彼らの「未来の可能性に対する強い興味」は、あなたが過去に埋没してしまうことを防いでくれる一方で、あなたの【原点思考】に基づく深い理解は、彼らが過去から得た教訓を見落としてしまうことを防ぐため、相補的で強力なパートナーシップを形成できます。

私→戦略性、慎重さ、未来志向、着想、内省。

つまり私である。大いに助言を受け入れるが宜しい。

 

さて、友人Aと同じように彼も最上志向の持ち主である。

その折りにも触れたように、最上志向には頂上の景色が見えている。

もっと良くするにはどうしたら、と考えている。しかし問題解決には弱い。

視点の高さは利点だが、諸刃である証拠である。

そういった最上志向はやはり「楽しいアイデア」において良いアイデアを生み出す。

彼とも長い付き合いだが、振り返って見ると、「この道具を使ってどんな遊びをしよう」というような、「問題を含まない挑戦」において、やはり素晴らしいアイデアを出してきた。

それは余談として、友人Aと違うのは、彼が着想を持たないことである。

そこに加えて適応性と原点思考が長期計画の能力を削いでいる。

恐ろしいほどの現場型の人間である。

それでいて最上志向により「もっと良くならないか」という感覚が、

自身の思考を長期計画を立てる方向へ運ぶだろう。

より良い選択を求めて妥協を許さないのだから。

 

ところが、やはり最上志向は諸刃だ。

通常、何かを目指そうとすれば常に解決すべき問題が現われる。

そして最上志向はそれらに対して目を向けたとき情熱を失うのだ。

 

彼はその場に居ると頼りになる。万能で頼りになるという意味でなく、

調和や適応、ポジティブさによって素晴らしく柔軟だからだ。

今何が起こってもきっと彼の友人たちは、彼が大きく狼狽えるところを想像し辛い。

そういう意味で気っ風の良さに関してはピカイチだ。

 

であるから、外から見た時、「彼は心配ない」という評価を与えられがちだろう。

それは確かな事実ではあるが、当人にしてみれば納得出来ないハズだ。

なぜなら彼は最上志向の持ち主だからである。

「真の永続的な偉大さ」を得るまでは、納得出来ないだろう。

その点に関しては友人Aと彼は同じ苦しみを抱えている、と予想出来る。

 

ただし、友人Aは着想と最上志向を合わせて、一貫性によって最上と向き合うことが大事だと考えたが、彼の場合には原点思考と向き合わせる必要がある、という点が違っている。

 

思い起こせば、彼と会話した中で彼が行動に出たモノは、とあるモデルケースが背景にある時であった。

 

彼には「真の永続的な偉大さ」を、世に溢れた歴史から発見して貰いたい。

出来るだけ具体的な逸話が良いだろう。そうして、やはり友人Aと同じように、

自分の中での「偉大さ」とは何かに答えを設けて貰いたい。

 

そしてその偉大さへ向けて、最上志向を疎外しない「まるで遊びのような発想」によって挑戦を行い、問題に向かっているのではないと考えれば良いと思われる。

どうだろうか。

 

以上三記事に渡って友人のストレングスを実戦する手段を考察した。

単に強みを活かすと言っても、強みを活かす具体案がなければ意味が無い。

これで本当の意味でストレングスリーダーシップをプレゼントした気がする。

 

ちなみに私自身はと言えば、戦略性、慎重さ、未来志向、着想、内省である。

私ほど自己と向き合うことに特化した人間は居ない。

私にとって自己分析は一種の娯楽でもある。

そんな珍妙な楽しみを記事化するような変態ではないので、

自分の分析も載せた方が良い、という要望は聞かない。(あるとも思えないが)