読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつものユンボ

僕は考える

ストレングスから覗き見るテーマ

ストレングスファインダー

また思い付いたことがあって、こりもせずストレングスの話だ。

 

これまでで、ストレングスとは思春期にどうやって戦ってきたか、

どうやって自分を救ってきたかが一番のストレングスになり、

その武器を使うことで身に付けてきたものだとした。

 

つまり一番目に何の影響力が来るかは、

人生で初めて訪れた苦しみを体現しているとも言える、と考えた。

 

ストレングスは、

思考力、人間関係力、実行力、影響力の四つに大別されている。

この四つの「裏側」が人生で出会う影響のあった苦しみだろう。

 

考察してみた結果、

思考力は「世の中への疑問」

人間関係力は「他者へのコンプレックス」

実行力は「自らが招いた失敗」

影響力は「孤独」ではないかと思った。

 

ここから人生のテーマも見えて来そうな気がする。

思考力   「真実の探究」

人間関係力 「偉大さの達成」

実行力   「成功の達成」

影響力   「人気の獲得」

 

これらは人間の幸福とは関係が無く、個別に課せられた「回復」だ。

幸福であるかどうかは、良好な人間関係を築ける人徳があるかによる。

ここにあるのは個人的問題であって、やはりテーマであり主題である。

 

主題と向き合うことと、幸福になることは違う。

 

だがどちらも人生が終わるまで続く課題であることは同じだ。

主題は絶え間ない挑戦として、幸福は状態の継続として現われる。

 

二つとも得られないか、

挑戦だけを成していくか、

幸福だけを得るか、

挑戦し、かつ幸福であるか、

 

出来ることなら最後の高みまで行きたいものだ。