読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつものユンボ

僕は考える

リトルウィッチアカデミア 第10話のしょうもない愚痴

リトルウィッチアカデミア観てます。

 

ぼんやり楽しく観てたので特に書くこともないと思ってたんですが、

第十話で「ぐぅああああ」という苛立ちに襲われたので吐き出そうと思う。

誰も気にしちゃおらんだろうとは思うんですけど。

 

言いたいのは一点だけで、熊蜂の飛行を使用した部分が酷い。

別にクラシックに造詣がある訳ではないんですが

この曲が技巧曲であることは何となく知っていて、

だからこそ使用したのかなあとか、

たぶん逆算で蜂をアイテムとして選んだんじゃないかとかありますが、

熊蜂の飛行に対して映像が全く合ってない。

そこに乗って来るSEも声も合ってない。

 

蜂の断続的な羽ばたきをモチーフにして細かい音符が繰り替えされる曲に対して、

映像ではアッコがハエ叩きのような扇を大振りするから、

張り詰めるような音楽に「はっ!」とか「ほっ!」って

オールディーズのロックドラムみたいなテンポが乗ってとにかく気持ちが悪い。

 

なんじゃこら……。合わせる気が無いなら使わなきゃいいのに。

アッコがグランドピアノを叩いている位置で

低音高音を合わせようとしてるのに、どうしてそこで気が抜けたのか。

 

この部分の直前の噴水のシーンが良いだけに、余計悪目立ちもしてる。

 

以上しょうもない愚痴でした。

全体としては楽しく観てます。